ホーム > 調査研究 > 企業IT動向調査2013

調査研究

『企業IT動向調査2013

  一般社団法人 日本情報システム・ユーザー協会 (略称:JUAS) は、経済産業省 商務情報政策局の監修を受け、ITユーザー企業の投資動向やIT戦略動向などを定点観測する 「企業IT動向調査2013」を実施いたしました(調査期間:2012年10月〜11月)。

 11年度に引き続き、今年度も、 IT戦略立案や予算策定の一助となるために、全体の概要発表に先駆け、速報値を4回に分けて発表しました。

 ・第1弾 IT予算に関する速報値(2013年1月時)
 ・第2弾 BCPの策定状況に関する速報値(2013年2月時)
 ・第3弾 スマートフォン/タブレットの導入状況に関する速報値(2013年2月時)
 ・第4弾 ビジネスイノベーションへの提案に関する速報値(2013年3月時)

 また、3月29日には「企業IT動向調査2013」の概要を発表しました。

 本調査は、企業のIT部門を対象に、アンケート調査とインタビュー調査を行い、企業におけるIT投資、IT利用の現状と経年変化を明らかにするとともに、年度ごとに重点テーマを設定し分析を行っております。

重点テーマ1 : ビジネスイノベーションへの提案(IT部門からの提案)

 ビジネスイノベーションへの提案とは経営に直結する事項に対してIT部門から課題解決や企業変革のための提案を行うことを指しています。近年IT部門に対してシステム開発・運用のみならず、全社最適視点で経営に提案を行うことへの期待が高まっています。2012年度は、IT部門からのビジネスイノベーションへの提案に関して取組み状況をお聞きします。

重点テーマ2 : 情報セキュリティ

 2011年は巧妙化が進んだ標的型攻撃により、企業のセキュリティ対策のあり方が改めて問われた年でした。クラウドの利用、スマートデバイスの急速な普及やBYODなど、IT環境の変化に伴い、新しいセキュリティ対策が必要となっています。その一方で、IT部門のセキュリティ担当者でどこまで対応できるのか、また、どこまで対策を採ればよいのかが新たな課題となってきました。2012年度は、高度化・複雑化した脅威や環境に対する新しい時代のセキュリティ対策の実態と課題を調査します。

その他の定点観測項目 

・新規テクノロジーの採用 
・IT予算
・IT投資マネジメント
・IT推進組織とIT人材(国内)
・グローバルIT戦略
・IT利活用
・システム開発
・IT基盤
・クライアント環境
・BCP

「企業IT動向調査2013」 プレスリリース 

■「企業IT動向調査2013」調査結果トピックスのプレスリリースを行いました(2013年3月29日) 

   このたび、すべての集計結果がまとまりましたので、5月の報告書発刊に先立ち、
企業のIT動向および2つの重点テーマの調査結果のトピックスをご紹介いたします。

 » プレスリリース(PDF:108KB)
 » 関連図表(PDF:742KB)

 

■「企業IT動向調査2013」調査結果速報

第4弾(2013年3月13日)  

 IT部門のミッションである、ビジネスイノベーションへの提案に関する速報値(2013年3月時点)を発表いたします。

 » プレスリリース (ビジネスイノベーションへの提案)(PDF:276KB) 

 

第3弾(2013年2月27日)  

 企業に浸透する、スマートフォン/タブレットの導入状況に関する速報値(2013年2月時点)を発表いたします。

 » プレスリリース (スマートフォン/タブレットの導入状況)(PDF:236KB) 

 

第2弾(2013年2月13日)  

 東日本大震災から約2年。改めてBCPの策定状況に関する速報値(2013年2月時点)を発表いたします。

 » プレスリリース (BCP)(PDF:269KB) 

 

第1弾(2013年1月21日)  

 IT戦略立案や予算策定の一助となるために、IT予算に関する速報値(2013年1月時点)を発表いたします。

 » プレスリリース (IT予算)(PDF:159KB) 

» 昨年度の調査結果はこちらから

本件へのお問合せ: 各務(itdoukou@juas.or.jp)

一覧へ戻る

このページの先頭へ