ホーム > 調査研究 > 企業IT動向調査2011

調査研究

経済産業省による「企業のIT投資動向に関する調査」(企業IT動向調査2011)

  社団法人日本情報システム・ユーザー協会(略称:JUAS)は、経済産業省の委託を受け、「平成22年度産業技術研究開発委託事業」において「企業のIT投資動向に関する調査研究」(企業IT動向調査2011)を2010年11月から2011年2月にかけて実施いたしました。また、本調査の結果をより多くの方に知っていただくため、調査の概要を公表しております(2011年3月24日にプレスリリースを行いました)。

 本調査は、企業のIT部門、社内IT利用部門を対象に、アンケート調査とインタビュー調査を行い、企業におけるIT投資、IT利用の現状と経年変化を明らかにするとともに、年度ごとに重点テーマを設定し分析を行っております。

 2010年度は、前年度までの調査から抽出された以下の2つの課題を重点テーマとして、調査を実施いたしました。

グローバルIT戦略

 日本市場に閉塞感が漂う中で、日本企業の発展にはグローバルに目を向けた進出が欠かせません。グローバルビジネスを展開していく上で、ITを大いに活用し、ビジネスを成功へ導くためのグローバルIT戦略が求められてきています。競争力のあるビジネスを展開していくために、どのようなグローバルIT戦略の考え方が重要か、どのような手段で推進していけばよいか、これからの方向性を探ります。

IT投資マネジメント

 企業を取り巻く経営環境が変化する中で、経営戦略に対応したITの利活用が求められています。IT投資を適切に策定し、実行していくためには、中期経営計画、予算管理などと関係づけられたIT投資マネジメントが必要といえます。そこで、IT資産・投資管理、IT投資案件の企画、意思決定(事前評価)、効果測定(事後評価)等に関するIT投資マネジメントの実態と課題を調査し、今後のあり方を検討します。

 

2011年3月24日(木)にプレスリリースを行ないました 

※本調査は、経済産業省商務情報政策局情報処理振興課より委託を受け、
 社団法人日本情報システム・ユーザー協会(JUAS)が実施したものです。
 JUASでは、本調査の結果をより多くの方に知っていただくため、調査の概要を公表しております。

プレスリリース内容:
  1. 回答企業のプロフィール
  2. 重点テーマ1 グローバルIT戦略
  3. 重点テーマ2 IT投資マネジメント
  4. 2010年度の主なITトピックス
    1) IT予算  2)新規テクノロジーの採用  3)ソフトウェアの採用と評価  4)IT人材

 » プレスリリース(PDF:410KB)
 » 関連図表(PDF:2.14MB)

  

企業IT動向調査2011 調査結果概要 

 » 確定版 調査結果概要(PDF:5.37MB)
※プレスリリース時の関連図表に、JUAS研究会の成果等も踏まえてより充実させた報告内容です

 

「企業IT動向調査2011 追加調査

  社団法人日本情報システム・ユーザー協会(略称:JUAS)では3月11日の東日本大震災がユーザー企業のIT予算やBCP対応へどのような影響を与えたか、現状と課題を把握するために、5月に追加調査を実施いたしました(2011年6月13日にプレスリリースを行いました)。

2011年6月13日(月)にプレスリリースを行ないました 

プレスリリース内容:
  1. 追加調査回答企業のプロフィール
  2. 東日本大震災の11年度IT予算への影響
  3. 自然災害リスクに対するBCPの策定状況

 » 追加調査 プレスリリース(PDF:169KB)
 » 追加調査 関連図表(PDF:655KB)

 

» 昨年度の調査結果はこちらから

本件へのお問合せ: 各務(itdoukou2011@juas.or.jp)

一覧へ戻る

このページの先頭へ