特長

ITユーザーの立場から情報活用を推進するべく、 現在、経営と情報に関するさまざまなテーマや立場に応じた40以上の研究会、 委員会を開催し、年間のべ1,000名以上の会員が参加しています。

業種・業態の垣根を越えた会員活動

自分の会社の現状に対する客観的な判断
成功、失敗を問わない、ユーザーどうしでの本音の意見交換の場
組織力の強化につながる人材育成の場

フォーラム、研究会、研究プロジェクトと、3つの形態で経営と情報に関するさまざまなテーマや立場に応じた活動を行っています。
「日常のIT活用レベルを向上させるテーマ」と「将来を見据えて産業情報化の発展のために今何をなすべきか」の2つの見方で、
活発な議論を展開しています。

ユーザー団体ならではの研修事業

業務に役立つ実践的セミナーの開催

JUASでは「IT活用・利用」、「事業改革~IT化企画まで」、「開発・保守」、「運用」など、
あらゆる場面で必要とされる知識、ノウハウをテーマに、各界の第一人者を講師に招いたセミナーを連日開催しています。
このセミナーを会員割引価格で受講していただくことができます。

関連行政機関への政策提言

各ユーザー企業の意見、要望を業界や行政に提言

情報システム関連の施策、あるいは産業界の動向に対し、ユーザー団体として一致団結し、
代表して関連行政機関への提言、意見具申を行うなどの活動を行っています。

情報システムに関連する調査・研究

調査に基づくIT管理・活用の標準値の入手による、自社の開発・活用・運用レベルの向上

研究会、研究プロジェクト、そして調査研究や委員会などを通じて、情報システムに関連するさまざまなテーマの調査、研究を行っています。
年度末には活動成果がそれぞれ報告書としてまとめられます(一部は会員限定資料)。
会員の皆様には通常の業務のあらゆる場面で利活用していただいております。

プライバシーマークの取得・更新

個人情報保護管理やセキュリティ管理のためのマネジメントシステムを確立

セキュリティセンターを通じ、会員企業、およびそのグループ会社のプライバシーマークの審査を行っています。
経験豊富な審査員による審査ときめ細かい対応により、個人情報保護管理やセキュリティ管理のためのマネジメントシステムを確立することができます。